桃泉の備忘録

日々巻き起こる出来事や知っていて良かったと思ったことをまとめた雑記ブログです♪「知らずに損をした…」という残念な思いを糧に、皆様に共有します!!

大学生のアルバイトで”塾講師”はやるべきか?

塾講師 先生

数多く優秀な記事の中からこのブログを選んで頂きましてありがとうございます!
管理人の桃泉です。
1万を超える戦闘力(蔵書)や接客業、祖母の介護経験等を武器に
雑記ブログ『桃泉の備忘録』を運営しています。

知らなくて損した…を無くしたいッ!

今回は実際に私が大学生の時に塾講師のアルバイトをした経験を共有しますね。
題して『大学生のアルバイトで”塾講師”はやるべきか?』です。
結論としては「やらない方がいいですよ~」となりますが、
本文で詳しくお話ししますのでゆっくり読んでみてくださいね♪

ゆっくり、ゆっくりどぞ~

希望に満ち溢れた大学1年生!……だが!?

貧乏学生

お金がどんどん無くなってイクッ!!!

きっと実家から離れて一人暮らしをした方ならこの経験はされているはずです。
家賃に食費や光熱費、さらには教科書代まで……

社会の「可愛がり」が始まりましたな!

私は教職希望でしたので、教科書代も他の方に比べて2,3万円ほど多くかかりました。
さらに無謀にも書道の免許取得も目指してましたので
道具代が恐ろしく家計を圧迫してきました。(紙1枚が100円ですw)

こいつぁ~ヤベェぜぃ……

一人暮らしをする訳ですから、もともとアルバイトをする気はありました。
せっかく働くのなら、将来につながる仕事をしたい!
こう考えた私が塾講師のアルバイトを選択したのは必然だったのでしょう。

こうして社会の闇を知らない桃泉君はその深淵を覗くことになるのでした☆

深淵もまたお前を見ているんだ。

私が大学生で塾講師のアルバイトを勧めない4つの理由+α

塾講師のアルバイトの仕事内容は基本、授業を行うことです。
これはおそらく想像通りでしょう。

生徒たちに「先生」と呼ばれてキラキラした仕事ができる……

そんな幻想はいざ働いてみたら見事にブッ壊れましたw
経験したからわかる、塾講師のヤバイ事情を解説しますね。

塾講師ヤバイ①:研修期間が長い

研修 鬼

まずはジャブです。
塾講師として教壇に立つためには先生として恥ずかしくない
教養を身につけねばなりません。
服装はスーツオンリーですから、こちらにもお金が掛かります。

先生になるなら研修は当然ね。

他の業種の研修はOJT(実践を通して仕事を教わる)がほとんどで、
働き始めでいきなり現場に配属されるものの、
すぐに契約通りの仕事をすることができます。

何にも教えてくれないこともあるけどな!

もちろん、しっかり研修をして頂いて安心して仕事ができるなら良いでしょう。
私が受けた研修はざっとこんな感じです。

◆塾講師の研修内容◆
  • ありがたい社長のお言葉を聞きに本社へGO!
  • 先輩方の授業を見学
  • グループ校の先輩の授業を見学
  • 模擬授業を10回ほど披露
  • 模擬授業を披露しに再び本社へGO!
  • テストの試験監督&採点
  • 生徒がわからない所の相談にのる

授業見学や模擬授業は自分のレベルが上がっていくのが分るので、
非常に有意義でした。
ただ、県をまたいでありがたいお話を聞きに本社へ行ったり、
給料なしで採点作業を行ったりというのは正直不毛な時間でしたね。
そんな『研修』が2ヶ月ほど続きます。

交通費も出なかったわw今考えるとヤッッベェwww

塾講師ヤバイ②:授業の合間はご奉仕タイム

まじかよ 驚き

研修が終わったら稼げると思ったかい?

はい。思ってましたw

塾講師の時給は比較的高めです。私は時給1800円でした。
これだけ聞くと良さそうですよね。
単純に1日7時間労働、20日勤務できれば25万円稼げる計算ですから。

そんなに甘くねぇんだろ?

高い時給に騙されてはいけません。時給が発生するのは
授業を行っている間のみですからね。
つまり、授業外の時間は一切給料が発生しない地獄システムなのです。

ブラック企業キタ━(゚∀゚)━! 

始めのうちは授業時間なんて2時間ほどです。(しかも研修時給)
しかし、待機時間は3~4時間と長いのですよ。
この時間に何をするかというと……

◆待機時間のボランティア◆
  • 授業の予習
  • テストの採点
  • 問題作成
  • 日報作成
  • 生徒からの質疑応答

などなど、やることは山積みなので暇はありませんw
もう一度言いますね。この作業には給料は発生しませんよ。
お偉いさん曰く、
「この作業時間分の給料は時給に含まれている」
とのことです。

最低賃金割れてますが、それは?

塾講師ヤバイ③:生徒を送り出してからが地獄

勉強

生徒の見送りもボランティアです!

これは前述の通り、教室運営も時給の中に含まれている云々ですね。

やっと帰れるね……

これで帰れると思ったら大間違いです!甘ちゃんですw
教室の得点ランキングなど掲示物の貼り替え、トイレや教室の掃除、
チラシのポスティングetc…といったお作業がありまぁす。

社w会w貢w献www

「生徒が家に帰らないんだけど!」
なんていうハプニングも日常茶飯事です。
……町中をかけずり回らないといけませんね。

そして、家に帰ってからも地獄は続きます!
大学生でしたから学校のお勉強です。
私は文学部でしたので、レポートが大量にありました。
1週間リミットのレポートが毎週原稿用紙30枚ほどあり、
書道の臨書を半紙100枚位に、中国語の暗唱が3~5ページ分でした。
盛ってませんよ、多い時は全臨もありましたからねw

好きでやってたから不思議と苦ではなかったですが。

大体寝るのが2時過ぎ、起きるのが6時半がデフォでした。
授業が9時に始まりますから、それまでに塾で教える部分の
指導案と板書案作成、小テストの採点(テスト翌日に返却がマストだった)
を終わらせなくてはなりません。終わらなかった場合は昼休みカットですw

一生懸命やるほど首が締まる~

塾講師ヤバイ④:休めない”夏休み”

夏休み ヒャッホウ

塾講師には夏休みをヒャッホウする時間なんてありません。
大学の友達はみんな映画や旅行で青春を満喫し、
サークルは合宿で盛り上がっていたようです。

大学生で遊ぶのも大切な社会勉強なのにね。

一方そのころ桃泉は塾で
夏期講習&合宿&強制旅行
という、それはそれは楽しい夏休みを送っておりました。
夏休み直前に3日ほどまとまった休みはありましたが、
すべて夏期講習の予習に費やして終わりました(´·ω·`)

でも、夏期講習は稼げたんでしょ?

確かに夏期講習は1日10コマ(10時間)ありましたので稼げました。
ただ、朝7時から夜11時まで拘束されますけどね……
1日10コマこなすには20時間くらいの予習時間が必要ですから、
事前に用意していたストックもすぐに無くなり、ジリ貧で授業をしてました。

事前準備の時間だけでも最低賃金割れてますがなw

そして一般生徒の夏期講習が終わったら、今度は受験生の合宿です。
家に帰れないという恐怖でゲロ吐いたのを覚えてますw
他はひたすらテストの採点をしていましたね。手当は少し出ましたが。

でも、これでひと段落だよね?

…と思っていたのが甘かったんですw
超絶ヤバイ強制参加の研修旅行が待っていたんです。
いや、あるのは知っていましたが記憶から抹消されていました。

お、お、思い出したくない((((;゚Д゚))))

全てをこなしたらもうお盆過ぎ。
大学の宿題をこなすため、今度は図書館に缶詰でした。
結局友達と遊ぶどころか、実家にも帰れずに夏休みの幕は下されました。

次は冬休みだぞっ☆

塾講師ヤバイ(闇):謎の貯金箱と小冊子、良心の呵責

ブラック企業

大体のルーチンワークは上記の通りです。

が!まだ終わらん…終わらんのだぁ~!!!

謎の貯金箱が置いてありました。どこに?塾長の机に。
何だと思いますか?……貯金箱じゃないの?ブッブー!

罰金箱でした~!!

遅刻:500円(始業15分以内に遅れると発生)
欠勤:5000円(病欠、早退も含む欠勤で発生)
大遅刻:1000円(始業時間に遅れると発生)
未提出:1000円(板書案などの提出物を忘れると発生)
確かこんな感じの内容でしたwマジで払わないといけませんでしたw

いや…もう、アウト過ぎるんじゃ……

小冊子には教育方針や社是・社訓がびっしりと書いてありました。
え?そんなの普通だろって?
……うん、でもね~単語帳みたいになってるの。で……

1年に1度テストがありましたっ!

「塾の先生やってるのだから暗記は必須だ」とのことで、
満点が義務化されました。
99点を取ろうものなら精神的な追い込みが始まり、
それが原因で辞めた人もいました。

何てムダな……

「当塾では大学生アルバイトは存在しません!」
これが私の勤務していた学習塾の強みだそうです。

え…?私何なん???

私以外にも大学生の先生は大勢いましたが、
「そういうこと」になっていました。

私は卒業を決意しました。

大学生でアルバイトするなら時間が確保できる仕事を!

大学生 勉強

『良心』『やりがい』この言葉を多用する業界は避けましょう。

これは今まで私が社会人経験を通して学んだこの世の真理です。
特に私のように大学生になってアルバイトデビューする方は肝に銘じて欲しいです。
一生懸命に仕事をすればするほど搾取されていることに気付かないものです。

昔に戻って私をひっぱたいてやりたいわw

誤解を恐れずに言いますね。

仕事は仕事として仕事の時間で完結すべきです。

もちろん、自分のレベルアップのために自習をするのは素晴らしいことです。
ただし、単純作業を間に合わないからと仕事外の時間で行うのは愚の骨頂です。

塾講師の「予習」に関しては難しいところだけどね

大学生ならその本分を忘れてはいけません。
特に基礎固めを行う大学1年生の時間は今だから分かりますが大変貴重なものです。
授業を受ける時間も大切ですが、それ以上に自習の時間が今後の未来を決めます。
いったい何の為に大学に入ったのか?考えてみてください。
何なら大学1年生の間だけはアルバイトをしない選択もアリかも知れません。

でも、働かないと生活が厳しいよ~

どうしても働くなら、勉強時間が確保できるアルバイトを選びましょう。
しっかりと勤務時間と給料が定められていて、自分の時間を作れる仕事を!
例えば軽作業やレジ打ちなど体にも負担の少ない仕事から始めたら良いと思います。

私はパチンコ店の接客を選んで優勝しました!

パチンコ店をあまり勧める方は居られませんが、私は推します。
重労働に見えて意外と頭を働かせる仕事なので面白かったですし、
何より給料が非常に優遇されて食事まで出ましたw
大学生で車を持ち、勉強時間もしっかり確保できました!

今のパチンコ屋さんはタバコも禁止なので良いわね!

まとめ:やはり塾講師は厳しいゾ!

大学卒業

塾講師ブラックじゃんwww

ここまで読んでそう思ったあなたは私よりマシな人生を歩めるでしょう。
もちろん、私が働いていた塾が絶望的なブラック企業だった
可能性は否定できませんし、こんな会社はもう存在してないでしょう。
ですが、多かれ少なかれ塾講師をするなら犠牲にするものはあります。

貴重な時間は戻ってこないんだ!

正社員やフリーターとして塾業界を志望するなら、経験も積み重なるので
短期的な学生アルバイトとして働くよりもずっと楽でしょう。
ただし、大学生の塾講師アルバイトはやはりお勧めできませんね。
アルバイト選びは慎重にどうぞ♪

大学生は”自分の勉学”を大切にしましょう!

悔いの無い学生生活を!