桃泉の備忘録

日々巻き起こる出来事や知っていて良かったと思ったことをまとめた雑記ブログです♪「知らずに損をした…」という残念な思いを糧に、皆様に共有します!!

「NHKをぶっ壊す!!」NHKが嫌われる28個の原因【保存版】

f:id:momoizumi:20190521125748j:plain

こんにちは。桃泉です。

NHKをぶっ壊す!!」そんなフレーズが

最近世間でよく聞かれるようになりましたね。

本来ならば公共放送として尊敬されるべきNHK

ここまで言われてしまう原因とは何でしょうか?

もしかしたら、よく分らずに批判している方も

いらっしゃるかも知れません。

 

そんな訳で、今回はNHKが嫌われている原因

皆さんに共有できればと思い書かせて頂きました。

何も知らずに批判するのはやめて、

一度その原因を考えてもいいのではないでしょうか?

この記事では28項目をその原因として考察しました。

ご自身で考えるヒントにして下さい。

※かなり長めの内容になってしまいました。

◆公共放送NHKが国民から嫌われている!?

f:id:momoizumi:20190201003523p:plain

大河ドラマ紅白歌合戦でも

国民から支持されていると思われていたNHKが今、

国民からバッシングを受けているようです。

SNSでは「TVを見なくなったのはNHKのせい」

といった発言も飛び出すほどです。

民放ならいざ知らず、

公共放送という立ち位置でありながら

嫌われている様は不思議を通り越して

滑稽とも言えるのではないでしょうか?

 

NHKがHP上で公表している内容として、

  • NHKは政府から独立しているため、個人から受信料を受け取って運営されていること。
  • 公共の福祉・文化の向上を目的に設立された事業体であること。
  • 公共放送であることの責任と自覚を持つこと。

この3点が強調されていました。

特に3番目の内容が重要に感じられますね。

◆『NHKから国民を守る党』の大躍進

f:id:momoizumi:20190406113803p:plain

NHKが嫌われているという一種の証明とも取れるのが、

NHKから国民を守る党の誕生、そして

先の統一地方選挙で大勝利を収めたという事実です。

東京都においてその躍進は目を見張るものがあり、

千代田区江戸川区・港区では落選したものの、

実に17名という『NHKから国民を守る党』の

議員を生んだ結果となりました。

 

分かりやすい理念が項を奏したとの見方が強い一方で、

NHKに対する不満が高まっている象徴

とも言える結果だと思います。

Toutubeでも政党の説明を見ることが出来ます。


東京都知事選挙 2016 政見放送 NHKをぶっ壊す 立花孝志 コメントたっぷり

<動画の説明>

現在Youtubeで「立花孝志」というチャンネルを持っている

NHKから国民を守る党』党首の立花孝志さん。

ご本人は元NHK職員という経歴を活かし、

チャンネル内ではNHKの内情や集金人の断り方、

実際にNHKに突撃するなどのNHKに関する内容を

豊富にアップロードされています。

チャンネル登録者数も10万人を超え、人気のチャンネルとなっています。

 

党が発足した頃はこの政党をからかう人もいました。

しかし、今となっては多くの支持を集めています。

【本題】なぜNHKが嫌われているのか?

f:id:momoizumi:20190219174407j:plain

ただディスりたいだけなのでしょうか?

よく判らず批判している方も中にはおられるでしょう。

もちろん、

「質の高い番組も多く、受信料を支払うに値する」

と考えられる方もいらっしゃいます。

人気番組も多いのは周知の事実です。

しかし”嫌い”と公言する人は多いのも事実です。

 

NHK放送内容にも価値があるものは認められるものの、

ここまで嫌われるのにはそれなりの原因があるはずです。

何が問題で公共放送という重要な立ち位置

あるものが批判されているのでしょうか?

いろいろ調べていく内に、

かなりの問題点が浮上して来ました。

28項目にまとめてみましたので見ていきましょう。

嫌われている理由【1】受信料支払いの義務化

f:id:momoizumi:20190521130408p:plain

放送法第6節第64条に

NHK受信料の支払いは義務という内容が明記されています。

放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

 https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_1.html

NHK 受信料の窓口

より引用。

加えて、この64条には罰則が明記されていないことから、

NHK契約をしなくても良いという考えになる方も増え、

近年の契約者数は落ち込んでいます。

結局「支払ったら負け」という考えもあり、

支払う人と支払わない人で不公平が起き、

現在受信料を支払っている人からも不満が生じています。

嫌われている理由【2】自ら手を汚さない

f:id:momoizumi:20190422001619j:plain

実は、個宅に集金を行うのは営業会社が多いのです。

営業のプロに任せたほうが効率が良いからでしょうか、

ほとんどご自宅にやってくるのは代理店の方です。

NHKさんですか?」と聞くと「いえ、代理店です」

という答えが返ってくるのがほとんどでしょう。

実際私も大学生の時に代理店の方が来られました。

 

まぁ、「お金を払え」と人に言うのは

あまり良い気分がしませんよね。

ですので、自分が嫌だから人に任せるという考えが

見え隠れすると感じる方も多いようです。

 

NHKは受信料を番組の制作費ではなく、

こういった営業会社に使用しているという部分にも

問題点があるのではないでしょうか?

嫌われている理由【3】二重請求

f:id:momoizumi:20190521132247j:plain

責任の所在は契約者にあります。

これは覚えておきましょう。

 二重契約による二重請求の原因は

引越しに多く見られます。

住居変更の際、NHKにその旨を知らせず新しい住所で

やってきた集金者と契約してしまうケースです。

 

集金者が来るのですから、

当然NHKとしても引越しの事実を認識している訳ですが、

そこは「知らない」と突っぱねる訳ですね。

返金には応じてもらえることもあるようですが、

中にはそのまま支払い続けている方もおられるようです。

 

NHK側から「二重契約になってますよ!!」と

教えてくれるのなら良いのですが、

上記の通り、責任の所在は契約者という観点から

知らない振りをしているところに人々は怒っています。

 

また、手違いで二重請求をされる方もおられるようで、

こちらからも大きな怒りが感じ取れます。

だって、払っちゃったら「お前が悪い」なのですから。

嫌われている理由【4】強引な取立て

f:id:momoizumi:20190422002510j:plain

ウソ、恫喝、嫌がらせ……

「チャイムを異常なほど鳴らされた」

「自分のいない間に嫁が恫喝された」

このような訴えがSNSには溢れかえっています。

中には耳を疑うような出来事も多く報告されています。

 

嘘でありたいと願いながらも、残酷なのは

消費生活センターへの相談件数という事実。

さらに、受信料集金者の相談件数は増加傾向にあることです。

2007年度に1926件だった相談件数は年々増加し、10年後の2016年度には4倍超の8472件になった。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw2852139

ニコニコニュース「NHK受信料、消費生活センターへの相談10年間で「5万5千件」…裁判記録から判明」

より引用

2007年~20116年と古い資料になりますが、

NHK受信料に関する消費生活センターへの相談は

10年間で5万5千件を超えるほどに膨らみました。

中でも集金を行う業者への苦情は年々上がっており、

2016年は1年間で8千件を超える相談件数になっています。

嫌われている理由【5】ワンセグ携帯も対象

f:id:momoizumi:20190219171919j:plain

ワンセグ携帯がNHK受信料支払いの対象になるという

考えは2016年の高市早苗総務相の発言で明らかにされています。

当時は埼玉地裁でもワンセグ携帯について争われた経緯もあり、

判決は「支払い義務無し」というものでしたが、

国民に大きく動揺を与えたことを覚えています。

 

ところが2019年3月、ついに最高裁判所において

ワンセグ携帯の受信料支払い義務が認められてしまいました。

以前からも国産スマホについての懸念はされていたものの、

今後のワンセグ機能つき携帯の普及には

一層の歯止めが掛かるでしょう。

実は日本で「iPhone」が流行し、

国産スマホが売れない理由の一つにNHKがあったのです。

嫌われている理由【6】カーナビまでも対象

f:id:momoizumi:20190414233657p:plain

さらに受信料徴収対象は広がります。

カーナビです。

2019年5月15日、東京地裁でカーナビの受信料支払いが義務

という判決が出てしまいました。

受信可能な機器と言えばそうかも知れませんが、

流石にやりすぎとの声が多数聞かれます。

まさに取れる所からはどこからでもです。

 

そもそも、運転中のテレビの視聴は法律で禁止されています。

ですので、車に乗ってカーナビをテレビで見るという方は

そこまで居ないのではないでしょうか?

見ても僅かな時間なはずでしょうに……

 

このままだとインターネットでの受信料支払い義務化

そう遠くない未来に現実となりそうです。

嫌われている理由【7】職員の犯罪率が高い

f:id:momoizumi:20190521132440j:plain

調べれば調べるほど着服や横領、

セクハラ関連の犯罪が非常に多く、窃盗や盗撮、

放火に殺人といったものまでありました。

ざっとまとめると

  • 歌のお兄さん覚せい剤使用
  • 紅白歌合戦制作費5億円横領
  • セクハラでの懲戒解雇
  • 架空の飲食費着服
  • 電車内での強制わいせつ
  • 連続放火
  • インサイダー取引
  • 消費税13億申告漏れ
  • 男性・女性を盗撮
  • コンビニ窃盗
  • 取材先の民家で財布を盗む
  • 飲酒運転

などですが、ニュースとして取り扱われない犯罪も

多い様で、その数民間企業のおよそ50倍とも言われています。

報道しない自由がありますからねw

 

公共の団体を名乗っている企業の犯罪率が高いというのは

日本国そのものを貶めているとも言えそうです。

『日本犯罪協会』との揶揄も悲しいかな頷けてしまいます。

気になる方はご自分でも調べてみて下さい。

きっとビックリしますよ。

嫌われている理由【8】韓国推しが強い

f:id:momoizumi:20190521132651p:plain

2013年の冬のソナタに始まり、

宮廷女官チャングムの誓い』『イ・サン』

『トンイ』『オクニョ 運命の女』

と20種類を越える韓国ドラマを放映しています。

もちろん韓国以外の国のドラマ放映もなされていますが、

ここまでシリーズ化はされていない模様です。

また、歴史やドキュメンタリーなど韓国特集を組む

番組内容に疑問を呈している方も見かけられます。

 

特に問題に挙げられたのは『あさイチ』という番組で、

「今、中高生の間で韓国が大ブームとなっており、

連日、多くの子供たちが店に訪れている」

といった報道がなされSNS始め多くの媒体で

「オカシイ」という声が聞かれました。

異文化を学ぶのも大切ですが、

偏り過ぎは問題視されて当然でしょう。

嫌われている理由【9】日本を貶める疑い

f:id:momoizumi:20190206230012j:plain

終戦記念日に近づくと放送される

戦争についての特集ですが、

反省と未来に向けてのメッセージだけでなく、

日本軍を断罪するような必要以上に日本人を悪し様に言う

様子が多く指摘されています。

 

しっかりとした裏づけのある報道なら問題ありませんが、

そこに僅かでも虚偽や特定の思想が入り込むのであれば

公共放送としての大儀を逸していると言えそうです。

朝日新聞のいわゆる慰安婦捏造記事のような、

国益を損なうような報道を公共放送として

行われてしまうと、それは必要以上の信憑性を

得てしまうので慎重な報道を願って止みません。

嫌われている理由【10】そもそも見ない

f:id:momoizumi:20190521133401j:plain

他のメディアもあるのでNHKの存在価値も

以前と比べると薄れてしまっている背景があります。

ニュースであればインターネットを介して

様々な情報に触れることができるため、

情報の取捨選択によってその信憑性を

自ら高めることも出来ます。

 

自宅にテレビを置かないという家庭も増えている中で、

受信料を請求されても困るという意見が多いです。

嫌われている理由【11】政治家への忖度

f:id:momoizumi:20190413152237p:plain

『安倍官邸VS.NHK

これはかつてのNHK記者が抱える疑問を

ぶつけた暴露本のタイトルです。

まだ記憶に新しい「森友問題」について

NHKが情報を敢えて隠したことなどが書かれています。

8億円という大規模な値下げは耳を疑うほどの

スクープですが、報道したNHKは関西のみという話も。

今では公然の事実である安倍昭恵夫人の

名誉会長就任についてもデスクの判断で削除され、

降格人事もなされたとの事です。

 

もはや記者としての自由がNHKにはないことが読み解け、

偏向報道の一端も見えてしまいました。

この本の内容が事実ならば

「公共放送の資格なし」

と言っても過言ではないでしょう。

詳しくは書けませんので、

『安倍官邸VS.NHK』を読んで見て下さい。

嫌われている理由【12】虐殺事件を茶化す

f:id:momoizumi:20190206230215j:plain

そして、逃亡。

サウジアラビアのジャーナリストがチェーンソーで

切り刻まれて虐殺された事件がありましたが、これを

NHKの公式アカウント『世界のいま Mr.シップ』

茶化しているということで話題になりました。

内容としては

「暗殺を音声放送で飛ばすって、超未来的じゃね」

といったような内容でした。

現在このツイートは削除されており、

真偽のほどは確認できませんが人の死をもって

茶化す発言を公共放送を担う企業が行うのは

言語道断かと感じます。

以下、問題の記事をスクショ保管されている方

Twitterです。

嫌われている理由【13】外国で国営放送のフリ

f:id:momoizumi:20190521133625j:plain

 外国の方たちはNHKを国営放送だと思うようです。

 これは多くのジャーナリストの方たちが指摘している

もので、経済評論家の渡邉哲也さんはご自身のTwitter上で

NHKはコミュニティテレビであり、

日本政府や日本人を代表するものではないと言うと

ビックリされる」

といった内容のツイートをしています。

また、軍事フォトジャーナリストの菊池雅之さんも

演習の取材でNHKが国営放送として呼ばれても

否定しないことを問題視されています。

 

つまり、NHKは海外で嘘をついている

ということになりますね。

 ネコババって広義では犯罪ですもの。

嫌われている理由【14】集金者が偽装する

f:id:momoizumi:20190521133819p:plain

以前から居留守を決め込む受信料未払いの方への

対抗措置として、NHKの代理店が宅配業者を名乗る

という噂がネットを賑わせました。

 私はこの経験がありませんから、真偽はわかりませんが、

SNSでは相当数の報告があります。

 

他にも、防犯カメラから隠れるようにする行動や

分らないにくいようにわざと早口で説明する様子

などが報告されています。

用件を言わない様やカメラから隠れる行為は

Youtube動画や写真などで拡散されています。

 顔が映っているものばかりなので、

興味のある方はYoutubeで検索してみて下さい。

嫌われている理【15】解約が難しい

f:id:momoizumi:20190508230032p:plain

 「勿体無いから解約したい」はNGとしても、

解約するためには受信できる機器があると解約できません

テレビはもちろん、ワンセグ機能つき携帯、カーナビ

などを所持している場合は基本的に契約解除が出来ません。

 

また、契約解除の手続きも内容証明が必要だったり、

審査が必要だったりで、強硬な態度を示さねばならず、

面倒なのは言うまでもありません。

日本放送協会放送受信規約の9条にも受信料解約には

理由を含めた届出が必要と明記されています。

嫌われている理由【16】理不尽な支払い要請

f:id:momoizumi:20190521134341j:plain

ご近所の支払いを要求したり、5年を超えた支払いを

請求したりと、謎過ぎてコメントに困るような

支払い要請がされることもあるようです。

以下Twitterより

嫌われている理由【17】人気番組が民間の製作

f:id:momoizumi:20190219172250p:plain

NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる』は

共同テレビジョンという制作会社が製作したもので、

外注という形でNHKが買っている」のです。

他にも、

 などなど外注作品は意外と多いのです。

NHKが製作していると思い、品質の高さを賞賛

していた方には衝撃だったのではないでしょうか?

 ちゃっかり製作:NHKってありますからね。

嫌われている理由【18】契約人数のカラク

f:id:momoizumi:20190219171620j:plain

NHKは受信料の支払い率を82%と公表しましたが、

これ、実は契約者数の支払い率であって、

全世帯数の支払い率では無いのです。

「みんなも払ってるよ?」という勧誘が見え隠れしますが、

NHKと契約し支払いを行っている方となると

発表された値よりかなり少なくなると言われています。

 

また、事業所と個人もごちゃ混ぜにしているため、

無理矢理支払い率を粉飾してるので、

実際のところ支払い率は半分にも満たないとか。

「みんなが払わないなら私も~」となるのが

怖いのでしょうか?

嘘がバレた時の方が怖いのに……

嫌われている理由【19】職員の給料が高すぎる

f:id:momoizumi:20190508231223j:plain

民間テレビ局の倍!?とも噂されるNHK職員の給料ですが、

このカラクリは福利厚生と各種手当てによるものという

指摘もなされています。

しかしながら、平均年収は1000万円を超えるという

試算も出ており、NHKの職員は高収入なのですね。

 

一部「羨ましいならお前がNHKで働け」という、

妬みに対しての意見も見られるものの、

やはり「公共」を謳われ、受信料を支払っている

側からすると、思うところがありますね。

公務員の方が給料が少ない訳ですから・・・・・・

嫌われている理由【20】ホテルが潰れかねない

f:id:momoizumi:20190521132040j:plain

個人だけでなく事業者までも受信料の支払いには

頭の痛い思いをしているようです。

ホテルであればテレビのある一部屋毎に契約が必要で、

タクシーなどカーナビ搭載車には1台ごと

契約が必要であることが知られています。

 

東横インが運営する235のホテル全ての

受信料未払い金の19億3000万円を支払うように

命じた判決には恐怖しかありませんね。

ちなみに、

住居と店舗が接続され、住居の一部と認められる場合は

テレビが複数あっても契約は一つで問題ないとのことです。

 町の床屋さんや駄菓子屋さんはセーフですね。

嫌われている理由【21】タクシーチケット不正利用

f:id:momoizumi:20190322005455p:plain

NHKの内部調査からさいたま放送局の職員と

大阪放送局の職員がタクシーチケットを私的利用

していたことが発覚しました。

 タクシーチケットの利用料金上限は1枚につき1万円まで

と決まっているため、超過した場合は2枚でも3枚でも使う

という職員の証言もあるようです。

 

業務用タクシーチケットは新聞各社も多く使っていた

ようですが、どこも問題があるため、

使用していなかった模様です。

そんな中、NHKで私的利用という不祥事が

相次いだため関係者は驚いているとのことです。

つまり、問題があると知っている上で使っていたと。

 そういうことですね。

 

また終電間近、渋谷のNHK放送センター前に並ぶ

タクシーの列に異常さを感じている方も多いようです。

嫌われている理由【22】『アレフ』に情報誤送信

f:id:momoizumi:20190420153136j:plain

オウム真理教から改称した宗教団体ということで

危険性も指摘される宗教団体『アレフに対し、

近隣住民のインタビューを録音した音声ファイルを

NHKがメールで誤送信した事件がありました。

 

身元も特定できる内容も含まれていた為、

当時は大問題になりましたが、誤送信したディレクターに

NHKが下した処分は1ヶ月の停職と軽いものでした。

その後もNHKは収録映像を外部に誤送信する不祥事を起こし

ネットでは「故意ではないか」という声まで上がりました。

インタビューに答えたお礼が恐怖だなんて、

洒落にもなってませんよね・・・・・・

嫌われている理由【23】NHKを装った詐欺事件

f:id:momoizumi:20190508230549p:plain

NHKを名乗る詐欺事件も横行しています。

例えば

  • 世論調査を偽り個人情報を聞き出す
  • ホームページの偽装
  • NHKを名乗るメール送付
  • NHKを偽装した商品販売
  • NHK番組を語った投資話

などが実際にNHKから注意喚起として出されています。

特に偽の世論調査の電話はいわゆる「アポ電強盗

にも使用される恐れがあるので厳重注意ですね。

 

しかし強引な受信料の請求をNHKの代理店が

行っているとしたら、もはや詐欺師と

区別が付かなくなっているのではないでしょうか?

 こうなっては「とばっちり」というよりも、

「身から出た錆」といったところでしょうか。

いずれにしても迷惑極まりないですね。

嫌われている理由【24】偏向報道

f:id:momoizumi:20190514222047p:plain

考え方がどちらかに偏る、もしくは意図的に報道しない。

こういった指摘が個人の枠を超え、

専門家などからも指摘されています。

 

NHKのニュースの中で、「若者が保守化?」

といった題が示され、自民党支持者の若者を悪く感じさせる

報道がなされたことがありました。

若者の二人に一人が自民党支持なのは事実としても、

それを

「何も考えない」「短絡的」「真剣に考えてもいいのでは?」

と専門家を交えて語るのは偏向報道の疑惑を持たれても

仕方が無いのではと感じます。

 

他にもアメリカ大統領選挙の際、

ヒラリーさん側の問題点がほとんど報道されなかった点が

人口に膾炙することになったりことや、

 

前川喜平事務次官の証拠の無い証言を

「タレコミ」と扱った件で事前確認の怠慢と

不適切な報道内容自民党萩生田光一氏から指摘されたこと

 が過去の例としても挙げられます。

 

「公共」を掲げている以上、その情報において

意図的に得する側と損する側をつくってしまうのは

いかがなものでしょうか?

民放は各種広告で運営されますが、

NHKは各家庭から支払われた受信料で運営されてます。

 

民放ですら偏向報道に対しては厳しい目を向けられる中、

公共放送が偏向放送をするとは何事かと、

そういうことですね。

もはや暴走と言っても良いのではないでしょうか?

嫌われている理由【25】外国人職員の多さ

衆議院予算委員会の様子を例に挙げます。


三宅博 - (20140214) NHKは公共放送と言うが、私には『中共放送?』と思える時がある

NHK内における外国人・帰化された方の人数を質問しています。

これに対してNHKの答えは「正確に把握しておりません」とのこと。

どこの企業団体でも把握しているはずですが、

NHKが杜撰なのか、それともはぐらかしたかっただけなのか?

いずれにせよ国民の不信感が募る国会答弁でした。

 

問題となるのは外国人による公共放送の運営です。

凄く単純なことなのですが、報道する側が外国人なら

その国にとって有利なように報道することで

日本の国民を意図的に誘導することが可能となります。

 

ですから、欧米を始め諸外国では公共放送・国営放送は

その国の国籍を有していることが職員の第一条件としています。

日本人が「差別」という言葉に弱く

そこにつけこまれて公共放送が機能しなくなる危険性

NHKにはあると言えますね。

 

自衛隊の機密情報を多く映すことで国民を危険にさらしている

という指摘も別の国会答弁ではなされていました。

自衛隊からもクレームを受けているということですが、

メディアを乗っ取られる事は絶対にあってはなりません。

嫌われている理由【26】高額な受信料

f:id:momoizumi:20190410002032j:plain

年間でおよそ2万4千円の受信料を私たちは支払っています。

10年間で24万円。100年なら240万円です。

契約年数が増えれば増えるほど、その金額は重みを増します。

Netflixなど、インターネットの定額制映像配信

サービスが流行している中、NHKの受信料がそういった

サービスの料金よりも高額であることが話題となっています。

Netflix』なら年間1万5千円ほどですからね。

 

インターネットのサービスには喜んでお金を支払うのに

NHKの受信料を支払うのを嫌がる人が多いのは何故でしょうか?

 

また問題の一つとして、金銭的に生活困難とされる世帯には

本来ならば割引などもあるのですが、契約時にそういった説明が

なされないといったケースもあります。

年金のみで生活されている世帯にとっては

NHKの受信料は高額と言わざるを得ないでしょう。

嫌われている理由【27】受信料を払っても嫌がらせ

f:id:momoizumi:20190201003033p:plain

未だに玄関にNHKのシールが貼ってある家も多く見かけます。

現在は端末で管理しているということで無くなりましたが、

以前は受信契約を結ぶと玄関に勝手にNHKのシールを貼られました

しかも、更新時期には新しいシールが貼られ、

玄関が「ラジオ体操参加証明」のようになったものです。

(せめて綺麗に剥がしていけよ!!と日々感じています)

 

また、NHK側の管理が行き届いていない場合は支払いをして

いるにも拘らず何度も訪問されるケースも報告されています。

支払っても請求されるのは詐欺の手口と言えますよね。

だったら支払う必要は無いと考えてしまうのも納得です。

嫌われている理由【28】スクランブル放送を拒む

f:id:momoizumi:20190410002141j:plain

受信料を支払わない家庭には放送を見せないようにする、

スクランブル放送というものがあります。

先の『Netflix』や『wowow』などのような課金型放送ですね。

災害情報も今やTwitterを介して情報収集する時代ですから、

国民はスクランブル放送を期待しています。

しかしNHK

  • 特定の利益や視聴率に左右されないこと
  • 社会の基準となる確かな情報を伝えること
  • 豊かな文化を育むこと
  • 時、場所、人を選ばずに提供すること

公共放送の役割と考えているので、

「受信料を支払わないから見せない」のは

公共放送として問題だと指摘しています。

 

ここまで記事を読んで頂いた方なら矛盾点を

いくつか指摘できるでしょうが、敢えて言います。

「テレビを持っていない人はどうするの?」

 

 

今回のお話は以上になります。

調べてわかる異常さ。

「おかしい」と思うことには声を上げるべきです。

私自身、受信料を納めている身としてもNHKには

正常な運営を望んで止みません。

28項目の問題点を解決してこそ真に尊敬される

公共放送となれるのではないでしょうか?

最後までお付き合い頂ましてありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。