桃泉の備忘録

日々巻き起こる出来事や知っていて良かったと思ったことをまとめた雑記ブログです♪「知らずに損をした…」という残念な思いを糧に、皆様に共有します!!

「冷凍で美味しさUP!!」冷凍すると良い食材を6つ紹介します

f:id:momoizumi:20190615232648j:plain

こんにちは。桃泉です。

ほとんどの方は冷凍庫をお持ちでしょうが、

「食材の保存だけに利用している」

という方が圧倒的だと思います。

確かに冷凍庫は保存のために重宝しますが、

それだけじゃ勿体無いです!

実は、食材によっては冷凍することで

より美味しくなる物もあるのですよ。

 

今回は冷凍することで美味しさがUPする

食材を6つ紹介します。

いつもの料理がワンランク美味しくなりますよ♪

<目次>

 

①アサリやシジミ等の貝類

f:id:momoizumi:20190615232026j:plain

貝類は細胞の中に旨味成分が凝縮されているため、

冷凍することで細胞が壊れて旨味成分が上がります。

特にシジミの場合は冷凍することで

オルニチンという成分が通常の約8倍になるようです。

オルニチンは肝臓の働きをサポートしてくれる

成分として有名ですね。

 

美味しくなる冷凍の秘訣は水ごと氷漬けにすることです。

こうすることで貝の水分が失われずに済みます。

砂抜きしてよく洗い、タッパーなど蓋の出来る入れ物に

入れてそのまま冷凍します。

 

解凍の際は氷にも貝の旨味が溶け出ているので、

氷ごと鍋に入れて加熱すると良いです。

水が出るので、味噌汁や鍋物での使用がお勧めです。

②ステーキ肉

f:id:momoizumi:20190615170944j:plain

「ステーキ肉を焼く時は常温に戻してから」

これは料理をする方の常識ですよね?

しかし、実は冷凍してからの方が美味しいのです!

 

冷凍にすることで細菌や微生物を増やさずに済み、

焼いた時もドリップが出にくいので旨味を内部に

閉じ込めることが出来るのです。

 

冷凍方法はまず肉にラップを巻いて空気を抜きます。

次に空気の層を作るように二重にラップを巻きます。

最後にもう一回ふわっとラップを巻いて冷凍庫に入れます。

こうすることで冷凍焼けや霜が付着するのを防げます。

これは他にも応用ができますね。

 

焼く時は冷凍のままフライパンに入れて

表面を焼きましょう。ある程度色が付いたら、

蓋をして2分ほど蒸し焼きにすることで中まで

火が通ります。その後はお好きな焼き加減でどうぞ。

この方法なら誰でもジューシーなステーキが味わえます。

安いお肉でも予想以上に美味しいですよ♪

③えのき

f:id:momoizumi:20190615170833j:plain

冷凍することで細胞が壊れ、

酵素が出て旨味成分に変わります。

この酵素の力でグアニル酸が上がり、旨味となるのです。

 

冷凍方法はえのきを袋から出し、ラップで包んでから

ジップロックなどチャックの付いた袋に入れて、

新聞紙でさらに包みます。

また、冷凍庫の下に置かず、上のほうに置きましょう。

 

解凍はゆっくり冷蔵庫で解凍します。

半解凍状態でえのきを振ると、取り出す時に簡単です。

④豚の角煮

f:id:momoizumi:20190615170726j:plain

温度が下がった時に味が染み込むのを利用した方法です。

 豚肉を一口大の大きさに切って、

下味(醤油・砂糖・みりん・酒など)に漬けたまま

タッパーやジップロックなどに入れて冷凍します。

 

解凍はそのまま鍋に移して火にかけるだけです。

このときに煮汁の味を調節して一時間ほど

煮込めばやわらか豚の角煮の完成です!

半日がかりの料理が簡単に出来るのはうれしいですね。

⑤玉ねぎ

f:id:momoizumi:20190615170523j:plain

あめ色玉ねぎを作るあの労力とおさらば出来ます!!

玉ねぎの皮を剥いてラップでしっかり包み冷凍するだけ。

解凍時は5分程放置しておけばOKです。

その後適当な大きさに切ってから5分炒めれば

簡単にあめ色玉ねぎの出来上がりです。

 

冷凍することで繊維が壊れるので、

炒めた時に水分が飛びやすくなります。

玉ねぎを切るタイミングはいつでも大丈夫ですので、

最初にみじん切りにして、使う分だけ出すのも

上手な使い方ですね。

⑥トマト

f:id:momoizumi:20190615170400j:plain

トマトは冷凍するとありがたい効果が多いです!

  • 皮が剥きやすくなる
  • 味が染み込みやすくなる
  • 旨味がアップする
  • 長期保存できる

これらが主な効果になります。

冷凍方法はトマトを水でよく洗って冷凍するだけです。

解凍方法は水に10分くらい漬けるだけで柔らかくなります。

皮がつるっと簡単に剥けてそのままスープなどに使用できます!

 

 

今回のお話は以上になります。

冷凍庫って、実は隙間無く食材を置いたほうが

食材同士が温度を下げ合うので効率がいいのですよ。

もし、冷凍庫にスペースがあるのなら今回ご紹介した

6つの食材をストックしても良いのではないでしょうか?

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。