桃泉の備忘録

日々巻き起こる出来事や知っていて良かったと思ったことをまとめた雑記ブログです♪「知らずに損をした…」という残念な思いを糧に、皆様に共有します!!

「打ち水は逆効果!?」夏を快適に過ごす正しい打ち水とは?

バケツとひしゃくで打ち水をする

打ち水したら蒸し暑くなった!

夏の風物詩、打ち水
東京オリンピックを涼しく過すための案として話題を集めたや~つですね。
庭や道路に水をかけて気化熱によって地表面を冷やす効果があり、昔から涼をとる方法として知られていますね。

本当に効果あるのかしら?

こんにちは。桃泉です。
いや、子供のころ真昼間に打ち水をしてヒデー目にあった桃泉ですw
じいちゃんには叱られるわ、蒸し暑くなるわの地獄を見ました(泣)

そんなわけで今回は夏が近づくと話題になる、打ち水についてまとめましたので共有します。
桃泉と同じ轍を踏む前にお読み頂ければ幸いです♪
(最終更新:2021/06/7)

打ち水を効果的に行う方法とは?

打ち水ではなく水浴びをする人々

打ち水をすると、自分にも水が掛かって涼しい♪
という効果は確かにありますが、それだけじゃありません。

打ち水効果的に行うことで、長時間涼しく感じることもできます。

江戸時代には俳句や浮世絵でもあったように、昔から涼をとる方法として夏の生活に定着していました。
先人の知恵を拝借して、夏を乗り越えましょう!

 

打ち水の効果は?

打ち水の効果は地面を冷やすことにあります。
水が蒸発するときに熱を奪う「気化熱」によって涼しくなるのが打ち水の原理です。

しかし、衝撃の事実!
実は打ち水による周辺温度の変化は1℃に満たないとのこと。

意味ねーじゃねーか!

そう、温度自体は大して変わらないんです。
でも涼しく感じますよね?
その理由は……

・冷えた地面の上を風が冷やされる
・地中にしみ込んだ水が残って温度上昇を防ぐ

という効果があるからなんです。
結果的として体感温度で2度前後涼を感じられると言われておます。

桃泉も実際に打ち水をした日としない日の比較をしましたが、圧倒的に打ち水をした方がお昼を涼しく過ごせましたよ♪

昼間の「打ち水」は灼熱地獄に!?

水を撒いている時と、直後は確かにヒンヤリして涼しいですが、
水を撒く=湿度が上がるということ。

しかも暑い時間に水を撒けば、水は温められてお湯に変わります。
確かに地面温度は下がりますが、その代わりに暖められた水分がもわ~っと上がる訳です。

そうです、昼間の打ち水は周囲の温度を「高温多湿」に変えてしまうのです!
アスファルトの地面にまいた日には・・・
((( ;゚Д゚)))

少し前から国土交通省主導で打ち水大作戦地球温暖化対策として始まりました。
ただ、桃泉は思うんです。「あ~あ」ってw
クソ熱い都市部の真昼間、アスファルト打ち水をしている訳です。
その時は涼しく感じますが、30分もすれば……

いっけね~政府ディスっちったw

打ち水の効果が発揮される時間

昼間の打ち水が逆効果だとしたら、いつ行えば効果的なのでしょうか?
おそらくご想像どおりだと思いますが、朝と夕方が正解です。

朝なら昼ごろ、夕方なら夜に効果が実感できるはずです。
朝のうちに地面を冷やしておくのがお昼時を涼しく過ごすコツです。
熱帯夜になりそうな日は夕方に打ち水をしましょう。

昼間の通り雨の後は蒸し暑くなるけど、夕立の後は涼しく感じるのは体験されてるハズ。
これも同じ理由ですね。

日の出ていない時を狙おう!

打ち水のベストスポット

打ち水をより効果的に行うには場所も大事です。
ベストスポットは日陰の土でできた地面

土の地面は水がゆっくり染み込むので保水力が高く、効果が持続しやすいんですよね。しっかりと地中内部が冷やされることで、地表面が暖められても地中は冷たいままになります。
結果、地面温度の上昇が抑えられるという理屈ですね。

地表面が熱くならないのはスゴイね

逆に、アスファルトは水が染み込まないので効果減少です。
前述のとおり、熱くなっている昼間は即座に水が蒸発するのでさらにNG。
蒸し風呂状態になりますからね。

水の蒸発がゆっくりできそうな場所を探してみましょう。

打ち水の適正量

打ち水は水の量にも注意が必要です。

水の量が多いと水たまりになって、光を集めて温度が上がります。
逆に水の量が少なすぎても、効果が長続きしません。

ですので、水の量は地面がひたひたになる位が適正量。
地面に水がしみ込んで、じわっと水分が上がってくる所で打ち水はSTOPですよ。

楽しくても、やり過ぎ注意だね~

店が昼間に打ち水をする理由は?

ここまで聞くと、昼間に打ち水をしているお店に疑問が生じます。

バカなの?情弱なの?

しかしお店として営業しているわけですから、当然基本的なことは理解してます。
では何故熱くなるのを覚悟の上、打ち水を昼間に行うのでしょうか?

それは、お客様への心遣いが含まれているからです。
打ち水にはお清めや砂埃が舞うのを抑える働きもあるのです。

お店の中はクーラーを効かせてますから、蒸し暑くなっても問題ないのですね。
それなら「おもてなし」としての打ち水は効果的と言えそうです。

結論まとめ:打ち水はタイミングが重要!

さて、最後になりましたがここで一番の注意点をお話しします。
それはマンホールや鉄板の上に水をかけてはいけないということです。
当たり前かも知れませんが、予想以上に滑りやすくなりますので本当に気を付けてください。

……桃泉とかいうおバカさんが自分でそれをやって、原チャでコケてましたからねw

そんな感じで、まとめです。

★ポイントまとめ★ 打ち水の効果は体感温度で感じられる
・日の出ていない時間に、土の地面に打ち水をするのがベスト
・昼間の打ち水は逆に蒸し暑くなる原因となるので注意

正しい打ち水で得られる効果は結構馬鹿にできませんよ。
朝方のうちに打ち水をやってみてください。
きっといつもより涼しく夏を過ごせますよ♪

電気代も節約できるかもね~

 

ほかにも様々な備忘録を書いています♪
あわせてどうぞ▼