桃泉の備忘録

おうちご飯のレシピ/レビューや料理のコツ/豆知識

【初心者必見】注文が難しい飲食チェーン店の注文方法をご案内します

f:id:momoizumi:20200829141136p:plain

「初見殺し」

―初めて体験する人がほぼ必ず引っ掛る仕掛け。

―主にゲームに於いて引き起こされる開発者からの洗礼。

 

注文方法がまるで呪文だったり、

「いろいろ選べて楽しいですよ♪」というお店が増えている中、

複雑すぎるシステムが逆に仇になってしまっている……

最近そんなお店が増えてきていますが、

初めて行くには抵抗がありますよね。

特に1人で行くのは厳しいや

せっかくステキなお店なのに、怖くて行けないなんて勿体無い!!

そこで今回の備忘録では

注文が難しい飲食チェーン店の注文方法を5店舗分ご案内します。

ここで少しだけ予習してみませんか?

難易度★『coco壱番屋

f:id:momoizumi:20200814150133p:plain

組合わせは600兆通りを超えるとも言われ、

初心者からするとそれを聞くだけで失神レベル。

スロットのリーチ目どころの騒ぎじゃないね~

ただ、これはトッピングを組合せた場合なのでご安心を。

入店からの流れ

◆基本の流れはコレ!◆  ①好きな席に座ります。

メニューがあるので、その中からソース、ライスの量、辛さ、トッピングを選び店員を呼びます。時間をかけて選んでも大丈夫です。

注文したカレーが運ばれたらお好みでテーブルにある無料の「福神漬け」や「とび辛スパイス」をトッピングできます。さぁ、頂きましょう!

④食べ終わったら伝票を持ってお会計を済ませ帰ります。

ソースの種類は4種類

の4種類が最初に選ぶソースの種類です。

ソースの基本は「ポークカレー」です。

メニューにある「チキン煮込みカレー」等を注文すれば

自動的にトッピング込みのポークカレーになります。

写真付きのメニューを指差せばいいのね!

ビーフカレー」「ハッシュドビーフ」の場合は

トッピングを別で注文する形になります。

ここが不親切な所ですよね~

ライス量の選び方

ライスは300gが基本の量です。

「普通で!」と言えばこれになります。

100g単位で量を増やしたり、減らすこともできます。

ソースの種類によってライスの値段も変化します。

ハァ?何でやねん!!

ソースの量も変わるからよ。怒らないでね。

辛さの選び方

辛さは「普通~10辛」まで選べます。

1段階ごとに辛くなり、別途料金が掛かります。

甘さも「甘口~5甘」まで選べ、別途料金が掛かります。

基本の「普通」「甘口」には別料金は掛かりません。

「普通」でも辛いと感じる方も多いので、

初めてであれば「普通」が無難でしょう。

私は10辛に挑戦しますぞ!

メニューには

「5辛を食べた方でないと10辛に挑戦できない」

とありますが、

お店によってはいきなり10辛を頼めます。(経験済み)

無料の「とび辛スパイス」で後から辛くすることもできます。

「とび辛スパイス」だとあまり辛くなりませんよ

トッピングはどうする?

トッピングは完全にお好みです。

付けても、付けなくても大丈夫ですよ。

メニューで画像入りの「○○カレー」というのは

基本のポークかレーにトッピングが予め付けられた商品です

何もトッピングを付けないと

具材が溶け込んだソースがご飯にかけられて出て来ます。

トッピング付けないとちょっと寂しいね。

ココイチ』のメニューは以下の公式サイトで確認できますよ。

www.ichibanya.co.jp

難易度★★『スターバックス

f:id:momoizumi:20200814145929j:plain

難しいとの声が多いのが『スターバックス』。

ドリンクとサイズの名称が特殊なので難しく感じますが、

実はここさえ抑えてしまえば充分なのです。

オシャレ過ぎるから難しく感じるのよね

入店からの流れ

◆基本の流れはコレ!◆ ①自分の座る席があるかどうか確認しましょう。混雑している時だと座れない可能性もあります。

②メニューを見てドリンクの種類、温度、大きさを伝えます。

③支払いを済ませて商品を受け取ります。

④コンディメントバーでミルクや砂糖、ナプキンなど必要なものを持って、席で頂きます。

⑤お帰りの前にトレイやゴミの片づけをします。

ドリンクの大きさは4種類

  • 「Short(ショート)」―240ml
  • 「Tall(トール)」―350ml
  • 「Grande(グランデ)」―470ml
  • 「Venti(ベンティ)」―590ml

S・M・Lのサイズではないので注意ですね。

普通サイズだと「Tall」になりますので覚えておくと良いですね。

私はいつもグランデを頼んでますぞ!

ドリンクの種類は大別して5つ

  • 「コーヒー」―コーヒー
  • エスプレッソ」―濃縮されたコーヒー
  • 「ビバレッジ」―ココアなどその他の飲み物
  • 「フラペチーノ」―フローズンドリンク
  • ティー」―紅茶

これにミルクの量、キャラメルなどのトッピングを加えます。

特にトッピングを希望しないならそのままでOKですよ。

キャラメルフラペチーノ大好き~♪

トッピングの無いコーヒーやカフェラテなら

レジでそのまま受け取れます。

温めが必要な場合やトッピングやサンドイッチなどのフード

を注文した場合はバーカウンターで商品を受け取る形になります。

 

『スタバ』のメニューは以下の公式サイトで確認できますよ。

product.starbucks.co.jp

難易度★★★『くら寿司

f:id:momoizumi:20200814145713j:plain

くら寿司』がマスターできれば、

大抵の回転寿司店全般に応用が可能になりますよ!

最大の難所は「鮮度くん」。

フタを開けられないという方がSNSで続出しております。

フタ開けが苦手なんじゃ!

入店からの流れ

◆基本の流れはコレ!◆ ①混雑時には備え付けの機械で席(カウンターorテーブル)と人数を入力し、整理券を受け取り、順番を待ちます。

②順番が来たら、必ず「お皿の取り方はご存知ですか?」という店員のチュートリアルを受けましょう。「鮮度くん」なる皿の取り方を丁寧に教えてくれます。

③番号の書かれた伝票バサミとおしぼりが渡されますので案内に従って席につきましょう。

④お茶はタッチパネルの裏側にコップがあるので、その中に備え付けの抹茶を1匙入れてます。お湯は備え付けの黒い出っ張りにコップを押し付けることで出てきます。

⑤レーンで回ってくるお寿司を取ったり、タッチパネルで注文することが出来ます。(醤油の取り皿はありません。直接醤油を寿司にかけるか、食べ終わった皿を取り皿として使います)

注文した商品は上段のレーンに届くので、商品を受け取り「注文レーン返却ボタン」を押します。(店員が直接持ってくることも)

⑦好きなだけ食べたらお会計へ。食べ終わったお皿を備え付けの返却口に入れ、タッチパネルの「おあいそ」ボタンを押します。すぐに店員が来て伝票バサミに料金表を挟むので、それを持って出入口付近のレジでお金を払います。

「鮮度くん」フタの開け方

寿司の乗っているお皿を上に片向けるようにして引くと、

透明なドーム状カバーがはずれます。

最初は利き手で寿司の乗っている皿を持ち、

もう片方の手で台座を押さえると失敗しません。

コツがわかれば他のお客さん同様、片手ではずせますよ。

慣れちゃえばカンタン☆

タッチパネル注文の方法

レーン上部にタッチパネルがありますので、

好きなネタが回ってこない場合はこちらで注文しましょう。

使い方は

  1. 画像をタッチして、
  2. 数量を選択して
  3. 注文ボタンを押す

の3ステップです。

注文した商品は直接店員さんが持って来てくれたり、

上側の注文レーンで運ばれます。

電子音がうるさいのでプレッシャーを感じますが、

ゆっくりで大丈夫です。

マイペース、マイペース♪

高級皿の取り方

基本的に100円のお皿ですが、

高級ネタの場合は特殊なリングが付いたお皿となります。

食べたい場合はリングごと取りましょう。

実はこのリングでお皿が2枚重ねになっているのです。

 

食べ終わったお皿は返却口に入れると自動でカウントされますが、

2枚重ねのお皿は分解して返却口に入れても、

そのままテーブルに置いておいても大丈夫です。

店員さんが分解して返却口に入れてくれるので

オマケゲーム『ビッくらポン』も楽しめますよ!

ビッくらポン!」って何気に楽しみなのよね

 

くら寿司』のメニューは以下の公式サイトで確認できますよ。

www.kurasushi.co.jp

難易度★★★★『丸亀製麺

f:id:momoizumi:20200814145534p:plain

学校でおなじみの食堂システムですね。

他のお客さんとトコロテン式に進んでいくので、

注文を決めるのにもたつくとプレッシャーを感じるので

難易度が高めになってます。

はなまるうどん』などのセルフうどん店にも応用可能です!

入店からの流れ

◆基本の流れはコレ!◆ ①メニューから食べたいうどんを決め、お盆と必要であればおにぎり・天ぷら用取り皿を持つ。

②順路に沿って進んで、うどんの種類、量、冷たいor温かいを店員に伝える。

③注文したうどんを受け取ったら、トッピングで別売りの天ぷらやおにぎりを自分で取り皿に盛り付ける。

④お会計を済ませる。

⑤順路に沿って進み、無料のネギや生姜の薬味、揚げ玉をお好みでトッピングする。

⑥だしサーバーのある店舗では、必要に応じてドンブリに出汁を注ぎます。(おかわり自由!!)

⑦食べ終わったら返却口に食器を戻して帰りましょう。

うどんの種類

  • 「ざるうどん」・・・ざるに盛られたうどん(冷)
  • 「かけうどん」・・・一般的な温かい出汁がかけられたうどん(温)
  • ぶっかけうどん」・・・ざるうどん用のつけ汁が直接かけてある(温・冷)
  • 釜玉うどん」・・・ゆで上がったうどんがドンブリに盛られ、後で醤油をかける(温)
  • 「釜揚げうどん」・・・ゆで汁と共に桶に入れられ提供される(温)

他にも限定メニューなど特殊なトッピングが付いたものもあります。

『だしサーバー』について

『だしサーバー』を使うのは基本的には

『かけうどん』の場合のみです。

ぶっかけうどん』は専用の濃い出汁がかけられた状態で

提供されるので出汁を掛けないほうが美味しいですよ♪

やっちまった私が証言しますw

釜玉うどん』や『おろし醤油うどん』などは

卓上の出汁醤油をかけると美味しいです。

ただ、『だしサーバー』は無料で使い放題なので

好きなだけ使っても怒られません。

 

また、「だしサーバー」は店舗によっては無い所もありますので、

そんな時は店員さんにだしをかけて貰いましょうね。

「だしサーバー」が無いお店でも店員に言えば
アツアツのだしを無料でかけてくれるんだ!

さらに、無料の「だしサーバー」を使った裏技もあります。

  • 天丼にかけて「天丼茶漬け」
  • ごはんを注文して天かすを載せ「天かす茶漬け」
  • 無料のごまと葱を入れて「あっさりスープ」

公式サイトでも案内されてますので、

余程のことがない限り注意を受けることはありません。

コンビニおにぎりを持っていくのはNGです!

 

丸亀製麺』のメニューは以下の公式サイトで確認できますよ。

www.marugame-seimen.com

難易度★★★★★『ラーメン二郎

f:id:momoizumi:20200814145227j:plain

言わずと知れた爆盛りラーメンチェーン店です。

あの呪文と独特の雰囲気、スピード感から

難易度は最高レベルです。

ここをマスターすれば二郎インスパイア系にも応用可能です。

と言うよりも胆力がつくのでどこでも何とかなります。

入店からの流れ

◆基本の流れはコレ!◆ ①食券を買って順番を待つ(食券は後で買う店もあります)

②順番がやってきて、席が空いたら着席する。(お水はセルフなので事前に汲んでおくと良いです)

③食券をカウンターの上に出し、店員さんからの「ニンニク入れますか?」の問いにトッピング等を注文します。

④ラーメンが運ばれたら、好きな調味料を入れて頂きましょう。

⑤食べ終わったら、カウンターの上にドンブリやコップを置いてテーブルを近くの布巾で拭いて帰ります。

コール(トッピング注文)の種類

  • 「ニンニク」・・・刻みニンニク
  • 「ヤサイ」・・・キャベツともやし
  • 「アブラ」・・・豚の背脂
  • 「カラメ」・・・返し(醤油)
  • 「マシ」・・・トッピングの量を普段より多くする
  • 「マシマシ」・・・「マシ」より更に量を多くする

慣れている人は続けて注文するので呪文のように聞こえますね。

「ニンニク、ヤサイマシ、アブラ、カラメ」

「にんにく入れますか」としか聞かれませんが、

これは「トッピングどうしますか?」と頭の中で変換しましょう。

初めてなら「そのままで」と答えるのもアリです!

無料トッピングだからって欲張っちゃダメ。

注意したい初見殺しのワナ

実はあの呪文より恐ろしいのが店舗独特のルール。

  • 席を立ってはいけない(事前に水を用意するのはこのため)
  • ドリンクの持ち込みはOK
  • トッピングは尋ねられてから答える
  • 当たり前だけど食べられない量は注文しない
  • 店員さんの「無理しないでね」は「早く食べて」のサイン
  • 退店前に必ずテーブルを拭く

他にも注意点として、量が凄まじく多いので

初回は大盛りを控えましょう。小食の方は迷わず「小」で。

 

ガチで学びたいならこちらの記事がオススメ。

gakusei.xyz

ラーメン二郎』のメニューは以下の公式サイトで確認できますよ。

www.ramen-jiro.com

 

今回のお話は以上になります。

初めて行くお店はワクワクよりも不安が大きいですよね。

煩雑なシステムにも拘らず、説明POPや公式動画などで

十分な説明していないお店が繁盛しているのは謎ですが

それも含めてブランディングなのでしょうね。

ほかにも様々な備忘録を書いています♪
あわせてどうぞ▼