桃泉の備忘録

日々巻き起こる出来事や知っていて良かったと思ったことをまとめた雑記ブログです♪「知らずに損をした…」という残念な思いを糧に、皆様に共有します!!

スロットのゴト行為はどんな方法がある?有名な7種類を解説します

並んだスロット台

ゴト、ダメ、ゼッタイ。

グレーな業界の、さらに深い闇を覗きたいのですか、そうですか。

こんにちは。桃泉です。
今回は桃泉が実際に出会った事例も含めて有名な7種類のスロットゴトについて解説しますね。

撃退というか…お帰り頂きました。

一応注意しておきますが、今回の記事は不正を助長するものではありませんよ。
ゴト行為を知って頂くことによる不正の抑止と知識の共有が目的です。
お店の還元率もゴトが無くなればその分増えますからね。

素人でも簡単に出来てしまうゴトも中にはありますが、犯罪ですので絶対にやってはいけません。
しっかりご理解いただける方のみ先へお進みください。

最終更新:2021/04/23

ゴト行為はどんな方法があるのか?

影から見ている男性二人

それでは実際に行われたことがある有名なスロットのゴトを7種類、有名な手口と方法についてお話します。
もちろん、今でも十分現場では警戒しているものばかりですので、ほとんどのホールは対策済みとなっています。

ヘンな気起こしちゃだめだよ~

ゴト器具は通販などでも手に入ってしまいますが、あれは家スロ用として売っているものです。
間違えても実際にお店で試そうなんて考えないで下さいね。

 

事例1.クレマンゴト

地味すぎて気付かない!

最初は「セレクターゴト」なんて呼ばれてましたね。
メダルの投入口に平らな器具を挿入してクレジットの数字をあげるゴトです。
クレジットが上がるだけなので、見た目ではなかなか発見できません。
そのため、こまめなデータチェックと対策部品頼りになります。

初期のタイプだと先端部分から赤い光を出してクレジットを上げるものがほとんどでした。
全国的に流行したゴトですので対策も早かったのですが、対策を行う毎に違うタイプが生まれるなどしてイタチゴッコでしたね。
比較的新しいものでは「エアークレマン」という空気を送ってクレジットを上げるタイプが知られています。

実は桃泉はこのゴトを発見できませんでした。
お正月の忙しい時期で確認まで手が回らず、気づいた時には交換済みでしたね。

ノーマル機で約3000枚やられたわ…

台移動もしていないし、大当たり回数もついていないので普段なら絶対に見逃すはずないのですが、いけませんね……
お店の方は反面教師に、人員確保はしっかりとお願いします。

また、ネット通販でも玩具として数百円で購入できるため、素人でも出来てしまうのが怖いところですね。
家スロで使う分には便利ですけどね。

本当に簡単なので、使い方はナイショです。

事例2.体感機ゴト

4号機『吉宗』で猛威を振るった!

スロットの抽選はレバーを叩いた瞬間に決まりますので「当たり」が察知できればそのタイミングでレバーを叩けば良い訳です。
…というのを現実にしたものが『体感機』です。

「ソレノイド」という、電磁石を応用した器具を使ってゴトを行います。
低周波治療器を想像してもらえれば、それに近いものだと解るでしょう。

当時は本当に流行っていましたので、露骨に対策部品をレバーにくっつけていました。
大きなペットボトルキャップのような部品ですが、覚えている方も多いでしょう。

レバーが大きくなってましたなw

そこまで露骨にやらないとレバーにテグスを引っ掛けている輩手や足をビクンビクンさせている輩も見られました。
体感器は見た目や遊技台の挙動ですぐにわかりますが、軍団でやってくるので非常に厄介でしたね。

桃泉は4号機『吉宗』で4人グループの軍団に遭遇しました。
3人が実行役でゾーン以外で当てて、連チャンさせまくり、1人が指示役でソファーにずっと座りっぱなしという非常にわかりやすい状況でしたね。

レバーに触れずにリールが回っとったw

普通に交換させずにお帰りいただきましたが、もっと大人数だと面倒臭かったかも知れません。

事例3.ショートゴト

発生件数NO.1!

遊技組合から伝えられるゴト情報といえば大体ショートゴトですね。
「セルゴト」とも言われ、先端に金属を仕込んだプラスチックの「セルロイド」やピアノ線、針金などを使用して遊技台を誤作動させるゴトです。

後述する「ホッパーゴト」にも使われますが、こちらは遊技台の信号を狂わせます。

・いきなりAT/ART画面に切り替わる
・異常なほど上乗せする
・台が傷だらけになる

といった特徴がありますが、最も大きな特徴は「対策が難しいこと」。
異常が見られるのは大当たり突入時と台の傷くらいです。
ゴト師も実行役と打ち子で別れて不正を行いますから、決定的な証拠も掴みにくいのですよ。

5号機の『ハーデス』『北斗の拳F』あたりの被害報告はかなり多かった記憶がありますが、桃泉は遭遇したことがないんですよね。

空き台の傷確認やお客さん一人一人の動向チェックくらいしか対策がないので、メーカーさんのセキュリティ向上に期待ですね。

 

事例4.電波ゴト

証拠が残りにくいので大流行!

強い電波を飛ばして強制的に大当たりを誘発したり、メダルを払い出したりするゴトです。

何か特別な器具を筐体内部に差し込むことも無く、傷が付かないので証拠が残らないのが厄介なところですね。

基本的に実行役と打子(+キャッチ)の2人以上での犯行となりますが、単独でも実行は可能です。

単独の場合は

①電波で当てる
②器具の破棄・証拠隠滅
③普通に大当たりを消化する

の流れで犯行を行う為、不自然に席を離れるような挙動には注意が必要。

化物語』で喰らいましたー

桃泉の時はAT直撃を電波で当てられたのですが、後ろのお客さんが居ないAタイプも反応したのですぐに電波だと気づけました!

セオリー通り実行役が電波を当てて、その後打ち子がやって来るパターンでしたね。
電源をすぐに落としたので打ち子は何も出来ずに帰りましたとさ。

事例5.ハーネスゴト

発見できるまで永遠に続く恐怖!

「みのむし」や「ぶらさがり」と呼ばれることも多いですね。
基盤のハーネス(情報線の束)部分に括り付けて誤作動を引き起こし、不正にメダルを出すゴトです。
ハーネス自体取り替えてしまう事例もありますね。

取り付ける部分によって、

・基盤:プログラムの改変
・レバー:体感機と同じ効果
・ホッパー:多払い出し
セレクター:多重カウント

というように、その効果は様々です。

しかも、小さな部品を取り付けるだけなので、発見が難しく被害が拡大し続けます。
線と線の間に隠したり、わかりにくい所に引っ掛けてあるので、目視で見つけることは難しく、手で触って初めて発見できるんですよ。

ただ、単独での犯行は筐体を大きく開ける必要があります。
ですから「カラス」と呼ばれる、複数で台を取り囲んで犯行現場を隠す方法と併用されることが多くなります。

店長と夜な夜なハーネスをさわさわして、やっと1つ見つけたのはいい思い出です。
部品の見た目が本当に小さい「みのむし」みたいでした。

あれを見つけるのは無理ゲーよ

事例6.持ち込みゴト

余ったメダルはお店に返しましょう!

これは不正と知ってか知らずか、やってしまう方が多いれっきとしたゴトです。
毎日、何度も遭遇しますので周知が足りないのかも知れませんね。

持ち込みゴトは……

・他店などで手に入れたメダルを使用する
・別レートのメダルを使用する
・拾ったメダルを使用する
・持ち帰ったメダルを使用する

などの行為を指します。

5円スロット等の低レートで少し余ったメダルを20円スロットで使ってしまう人がよく見られますね。
しかし、たとえ1枚であってもレートを変えて使ってしまったら詐欺とみなされるので絶対にやってはいけませんよ。

でもメダルは余るだろうが!

スロットの特性上「3の倍数でメダルを使い切れなければ余ってしまう」ので業界の責任でもありますが。

もしメダルが余ったら、お菓子に交換したり、会員カードに貯メダルしましょう。
1枚がけができるジャグラーなどで遊んでもOKです。

メダルの持ち帰りもルール違反ですから注意してくださいね。
(↑実はお店が警察から怒られるパターン。)

また、悪意で計画的に大量のメダルを持ち込んだり、複数人で低レート→高レートに持ち出すこともあります。
他にも手補給用のメダルを盗む手口も目撃されてますね。

島上から箱を渡してた輩は出禁にしました!

事例7.ホッパーゴト

当たってないのにメダルが!?

これもショートゴトの一種ですが、被害は遊技台とは限りません。
このゴトはサンドでも行われてしまうのです。
セキュリティが脆弱なサンドは恰好の標的になりました。

ピアノ線や針金を使ってメダルを払い出す機械「ホッパー」を誤作動させるゴトです。
下皿などの隙間にゲタを履かせて台の中に無理やり針金を突っ込むので、台は傷つきホッパーは故障する、後処理が大変なやーつです。
台移動自由の店がほとんどなので、このゴトも見つけにくい。

だから箱に台番号があるのか!

遊技台には最初からメダルを過剰払い出ししないようなシステムが整っていますが、ショートさせるなどして無効化されてしまいます。

訓練が必要なゴトの為、発生件数はそれほど多くないのですが、短時間でメダルが抜かれる特性があり、お店も相当警戒しています。

桃泉が出会ったのは「ホッパー逆回転エラー」の未遂だけですけどね。

結論まとめ:ゴト、ダメ、ゼッタイ!

今回お話したゴトほんの一例で、時代が進むごとに新しいゴトは生まれ続けています。
最後に注意したい点をまとめますね。

★ポイントまとめ★ ・メダルの持ち込み・持ち出しに注意
・店員さんはよく見てる
・ゴトが増えるとチェックも厳しくなる
・ゴト器具を手に入れても使わないように

ゴト師から打ち子に誘われても絶対にやってはいけません。
打ち子を守る理由はないので、シッポ切りになるだけですよ。

しつこいようですが、変な気を起こしてもすぐ見つかりますのでゴト行為はしないようにお願いします。

ゴト、ダメ、ゼッタイ!

 

 

パチンコ・スロットについて、こんな話も書いてます▼

なぜスロット5号機のAT・ART機は設定1ばかりなのか?

高設定が入るスロット機種の特徴とは?元設定師が解説します【前編】