桃泉の備忘録

日々巻き起こる出来事や知っていて良かったと思ったことをまとめた雑記ブログです♪「知らずに損をした…」という残念な思いを糧に、皆様に共有します!!

『旨辛もやし炒め』を作ってみた!旨辛超速のもやし炒めレシピ

旨辛もやし炒めレシピ サムネ

旨くて辛い、付け合わせの王道!

こんにちは。桃泉です。

「ラーメンに歯ごたえを追加したい!」
「なんか、こう、ポリッとイケるお酒のアテが欲しいな~」
そんな時、冷蔵庫を見て思わず(。-∀-) ニヒ♪
【なんと!桃泉はもやしを見つけた!】

今回は安くておいしいみんなの味方、もやしを使った炒めものを作りました。
桃泉流にパンチ力ある味付けにしたので、レシピ/作り方/感想を共有します。
名付けて「旨辛もやし炒め」です♪

また安直な名前だな!

もやしの調理は簡単そうに見えて、スピード勝負。
油断していると、す~ぐベチャベチャになるんだからねっ☆

……おいしく炒めるポイントもしっかりお話しますよ♪
(最終更新:2021/11/20)

旨い!辛い!すぐできる!「旨辛もやし炒め」

激辛もやし炒め

「辛いだけじゃダメダメ!しっかり旨味もあるもやし炒めじゃなくちゃ!」

……を体現したもやし炒めができましたッ☆
らーめんや冷やし中華の具材/お酒のおつまみ/ごはんのお供に……使い方はあなた次第の激辛もやし炒めを試してみて下せぇ。

彩が加わるわね♪

材料費はまぁ、もやしなんで……30円くらいの予算で大丈夫です。
【楽】・・・・【難】

 

ざっくりレシピ(1人前)

それじゃ、ざっくりレシピです。

-----材料-----
・もやし 1袋250g

-----調味料-----
・にんにく    小さめひとかけ     
・粗びき胡椒   少々
ゴマ油     大さじ1
・創味シャンタン 小さじ1/2
コチュジャン  小さじ1/2
一味唐辛子   お好みで

もやし炒めですからね、基本具材は当然……圧倒的もやし
足が早いんで、新鮮なものを使ってください。
汁が出てるようなものはNGですよ~

もちろんもやしの生食は厳禁!栽培環境が日陰なので、雑菌も繁殖しちゃうんです。
火を通さないと危険、だけど通し過ぎると美味しくない……
そんなワガママ食材ですから、火入れが一番の難所になりますね。

経験上、割引もやしはアブねぇっすw

調味料のベースは万能中華調味料の創味シャンタン様
ご家庭によって『味覇』『中華あじ』など中華調味料の種類は変えてもらって大丈夫です。
普段使い慣れている”家の中華調味料”がきっと読者さんの舌に合っている訳ですからね。

そこに
コチュジャン⇒コクと甘辛味
・ニンニクと胡椒⇒パンチ
ゴマ油⇒香ばしさ
を加えて、それぞれの狙いを合わせていきます。
胡椒はすぐに焦げるので、火にかける時は粗挽きのものを。粉末状のものしかなければ最後に使用すると良いですよ☆
豆板醤だと辛味が立ち過ぎて、コクが出ないのでコチュジャンを採用しています。

さらに一味唐辛子で辛味を追加。
唐辛子は加熱すると辛味が倍増するので、2振りくらいから味見してお好みで調整して下さい。

それじゃ、作っていきますよ~!

作ってイクッ!

ニンニクの皮をむき、フライパンに直接すりおろして入れちゃいます。
チューブのものでもOKですが、生ニンニクをしっかりおろすと香りが段違いですよ。

ゴマ油を大さじ1杯ニンニクの上にかけて、弱火で30秒ほど炒めて香りを出します。
火が強いとゴマ油の香りが無くなり、ニンニクが焦げてしまうので注意です。

豆板醤/創味シャンタンを小さじ1/2ずつ加え、さらに粗挽き胡椒を少々と一味唐辛子を適量加えます。
よくまじぇまじぇしてこの工程で味を決めましょう。
辛味は一味唐辛子で調節し、塩味は創味シャンタンがばっちり出してくれます。
塩味が入り過ぎると付け合わせで使いにくくなるので、塩は要りません。

④洗ってよく水を切ったもやしを投入し火力MAXに。1分間でもやしに火を入れますよ~!!
軽く煽りながら調味料と油を全体に回し、もやしから出る余分な水分を飛ばします。
最初にもやしをコーティングしてあげることで、熱が入りやすくなるんです。
あとは「広げて10秒放置⇒フライパン煽る」を繰り返すだけ。
もやしがシャキーン!としていて不安になるかもですが、余熱が入るので大丈夫!追加で30秒も火を入れたら、シナシナのびしょびしょになりますからね。

出来上がり!
フライパンの上に置きっぱなしだと、もやしにどんどん熱が入ります。
もやし単体の熱で仕上げるのですぐに器へ移しましょう。
移し終わることには余熱で【もやし炒め完全体】となっていますよ♪

おつかれさまです~♪

Product review ★★★☆☆

できたっ☆

ほんのり赤く色付いたもやしがキレイですね~。
赤と黒のツブツブが良い感じで「俺辛いよ!」と主張してきます。
……というか、湯気が辛いwww

さてさて、頂いてみましょうか。

……ンン!まずニンニクと唐辛子の香りが「ガツン!」と殴りつけてきます!
そしてもやしが「ザクザク」と軽快な音を奏でながら、口の中に潤いを与えつつ甘味/辛味/旨味/コクのハーモニーを生み出しました。

そのまま咀嚼を続けると……来ましたワァ!
弾けたのは胡椒の粒!唐辛子の鋭利な辛味に爽やかな辛味がプラスされ、口の中に紅と蒼の炎が踊り狂います!!

唐辛子の量に要注意ね

塩味は薄めですが、旨味が強いので小鉢料理の役割も十分果たしてくれます。
オン★ザ★ライスの単品攻めなら、軽くお塩振ってあげてもオッケ~ですよ♪

桃泉は今回作った『旨辛もやし炒め』を冷やし中華にトッピングしてみましたが、中華麺を使った料理には間違いなしですゎ!
付け合わせとして使った時に、塩辛くならないのは高ポイントだと思うのですよ。
だってメインの味を邪魔せずに引き立てるのって、意外と難しいじゃないですか。

そんな感じで自画自賛が続くわけですが、一応評価してみましょう。
自己評価で恐縮ですが、けっこう良いセン行っていると思いますよ?
ただ、メイン料理とはならないので星3つ評価で♪

ちなみにゴマ油をラー油に選手交代すると、火を噴くレベルになるので辛党さんにはラー油の使用もおススメですよ!?

結論まとめ:火入れでおいしさが段違いに!

このレシピで気をつけたいのは炒める分量。
一度に大量のもやしを炒めようとすると、まず失敗します。
常にもやしがフライパンのどこかに触れているように広げ、均等に火を入れるのが一番のコツですよ♪

また、ササッと仕上げるスピード料理ですから、慣れていないと難しく感じるかもしれません。
しかし、おいしくできた時の感動はひとしお。
そんな桃泉は大学生になって漸く、ちゃんとしたもやし炒めが作れる様になったのです(・ω<) ~☆

さて最後にまとめますね。

★ポイントまとめ★ ・味付けは事前に仕上げておく
・もやしの火入れは強火で1分間
ゴマ油⇒ラー油に変更で激辛に
・辛味と旨味のハーモニーがサイコー

もやしの炒め方は、シンプルな『塩コショウ炒め』でも同じです。
コツさえ掴めば「なんだもやし炒めか……」が「もやし炒めワッショ~イ♪」に変わること請け合いです!

もやし……うまうまぁ♪

 

ほかにも様々な備忘録を書いています♪
あわせてどうぞ▼