桃泉の備忘録

おうちご飯のレシピ/レビューや料理のコツ/豆知識

フレッセイのお惣菜『昔ながらのざく切りメンチ』は尖りを抑えたソフトタイプでした【丁寧レビュー】

フレッセイのお惣菜『昔ながらのざく切りメンチ』サムネ

こんにちは。桃泉です。
今回はスーパーマーケットフレッセイ様のお惣菜『昔ながらのざく切りメンチ』価格/栄養成分/原材料/感想/評価をまとめました。
己に優しく他者に厳しい、おうちごはん歴30年overの桃泉が鬼チェックです♪
※サイズや価格は参考程度にどぞ。(最終更新:2022/11/23)

 

昔ながらのざく切りメンチ

フレッセイのお惣菜『昔ながらのざく切りメンチ』

牛豚合挽肉に玉ネギがたっぷり入った、メンチカツです。

サイズ:縦8/横8/高さ2㎝
重さ:75g(1個) 
価格:250円(2個入り)
売店フレッセイ FRESSAY || 自然、そしてあなたがたいせつ。

栄養成分&原材料表示

1枚あたりの栄養成分は

エネルギー:208kcal
たんぱく質:6.9g
脂質   :13.6g
炭水化物 :13.5g
食塩相当量:0.5g

 原材料は

---原材料---
・豚肉(カナダ産・国産)・パン粉・玉ねぎ・牛肉・澱粉・豚脂・ゼラチン・鶏卵・小麦粉・醤油・食塩・砂糖・チキンエキス調味料・香辛料・大豆粉
---添加物---
・加工澱粉・調味料(アミノ酸等)・増粘多糖類・膨張剤・乳化剤・香料・着色料(カロテノイド色素)
※一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ゼラチン・大豆・鶏肉・豚肉を含む

桃泉の評価:★★☆☆☆

フレッセイのお惣菜『昔ながらのざく切りメンチ』断面

キツネ色にサックリ揚げられた円形が「ザ☆メンチカツ」といった感じ!
平均的なメンチカツの重さだから、一周回って安心感が生まれる不思議w
サクサク感を復活させたいので、トースターで温めて頂きます!

今はズッシリが主流だからねぇ~

衣は中目のパン粉が使用され、ほど良い厚さで「サクッ」とした食感に。
油キレも良く、メンチカツの重さが抑えられていて良き。

中は牛豚の合挽肉と玉ネギの構成で、歯触りはソフトな印象。
玉ねぎは多めに使用されて、粗みじんに切られているのでザクッとした甘さが◎
そしてお肉は豚多めの合挽肉で、クセの少ない優しい旨味が演出されている。

味付けは黒コショウの粒が目立つも、さほど辛くも無いので子供でも無問題!
塩味も強くないので全体的に尖った所のない、万人向けな仕上がりに。
反面、ジャンク感強めなメンチカツを想像している方には物足りないかも?

臭みもほとんど感じないけどパンチ力控えめだから、ソース等をかけるとイイ感じに。
サッパリイクならレモン塩を、変わった味で攻めるなら甘酢もおススメ。
自分好みのソースで楽しめる、余白が残っているタイプでしたん。

総合して考えると……桃泉の評価は星2つで♪

以上、フレッセイ様の『昔ながらのざく切りメンチ』レビューでした。
桃泉の備忘録ではレビューだけでなく、自作料理のレシピや料理の雑学も発信中!
今後ともよろしくです~♪